1. >
  2. おしりニキビは今すぐ腹を切って死ぬべき

おしりニキビは今すぐ腹を切って死ぬべき

細胞が分裂する働きを助け、お肌を再生する成長ホルモンは昼間の活動している際にはほとんど出なくて、夕食を終えてゆったりと体を休めくつろいだ状態で分泌されると言われています。

顔の加齢印象を高める代表的な素因のひとつが、歯に蓄積したクスミです。一見ツルツルしている歯の表面には、目には見えないくらい小さな凹凸があり、日々の生活の中でワインなどによる着色や煙草のヤニなどの汚れが付きやすくなっています。

残業、会社の飲み会、仕事の付き合い、深夜に至るスポーツ中継・次の日のお弁当やご飯の支度…。お肌に悪いというのを分かっていても、現実的には7時間もの睡眠時間を確保できない人が大半を占めるでしょう。

さらに日々の暮らしのストレスで、心にまで毒はどんどん積もっていき、体の問題も引き寄せる。こうした「心身ともに毒だらけ」というような感覚が、人々をデトックスへと駆り立てるのだろう。

心臓から離れた位置にある下半身は、重力が加わってリンパの移動が滞ることが普通だろう。むしろ下半身の浮腫は、リンパ液が少し悪くなっていますよという表れ程度のものだと受け取ったほうがよい。

美白というものは、黒色色素の沈着が少ない、より明るい肌を志すという美容分野の価値観、あるいはそんな状態の肌のこと。大抵は顔の肌について採用されることが多い。

日本に於いて、皮膚が白くて黄ぐすみや茶色いシミの出ていない状態を好ましく感じる美意識はかなり以前から存在しており、「色の白いは七難隠す」という諺もある。

なんとかできないものかという気持ちでやみくもにマッサージをする人がいらっしゃいますが、ことさら目の下の表皮は敏感で弱いので、雑に擦るように圧力を与えるだけの乱暴なフェイシャルマッサージは悪影響をもたらします。

アトピー誘因:家族の病歴・以下の既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮膚炎(あとぴーせいひふえん)の内何れか、もしくは複数)、IgE 抗体を生み出しやすい因子、等。

ドライスキンによるかゆみの要因の殆どは、年齢を重ねることに縁る角質細胞間脂質と皮脂分泌の減衰や、せっけんなどの使い過ぎによる皮ふのバリア機能の衰えによって発生します。

メイクアップのデメリット:昼には化粧直ししないといけない。すっぴんに戻った時のギャップ。化粧品にかかるお金が痛い。すっぴんだと外出できないという強迫観念のような思い込み。

「デトックス」術に問題点やリスクはまったくないと言えるのだろうか。だいたい、体に蓄積するとされる「毒物」とはどのような物質で、その毒物は果たして「デトックス」の効果で流せるのか?

美容とは、化粧、整髪、服飾などを利用し容姿をより一層美しくするために形づくることを言う。この言葉、江戸時代には化粧(けわい)と同じ意味で使用されていたという記録が残っている。

知らない内にパソコンの画面に見入っていて、眉間に縦ジワ、さらにへの字口(このスタイルを私はシルエットから取って「富士山口」と言っています)をしていませんか?これはお肌にとって最悪です。

例えるなら…あなたは今、パソコンを見つつ頬杖をついてはいませんか?この体勢は手の圧力を全開でほっぺたに当てて、お肌に不必要な負担をかけることに繋がっているのです。

ページのトップへ戻る