1. >
  2. おしりニキビをナメるな!

おしりニキビをナメるな!

きれいに見せたいと考えた挙句にやみくもにマッサージしてしまう女性がいますが、特に目の下は薄くて敏感なので、ゴシゴシとこするように力を入れるだけの乱暴なフェイシャルマッサージはしないほうが無難です。

美白という美容法は1995年から1999年頃にかけて化粧品会社創業者・鈴木その子の活躍とともに人気になったのは記憶に新しいが、それより昔からメラニンが原因の黒ずみ対策のことばとして使用されていた。

内臓の元気の度合いを数値で見られる特別な機械があります。『ノイロメーター』という医療機器で、自律神経の状況を数値化することで、内臓の具合が把握できるという機能性の高いものです。

頭皮は顔面の皮膚と一続きになっており、額も頭皮と全く一緒と捉えることはさほど知られていません。老化に伴って頭皮が弛んでくると、フェイスラインのたるみの原因になります。

ダイエットで一躍名を馳せたデトックスとは、体内のあちこちに澱のように溜まったありとあらゆる毒素を体の外へ出すというシンプルな健康法でジャンルとしては代替医療に分けられている。「取り除く」という意味を持つ「detoxification」の短縮形であり、発音やカタカナ表記が異なるようだ。

老化現象の一つであるフェイスラインのたるみは不要な老廃物や脂肪が蓄積することでどんどん進行します。リンパ液の移動が不十分だと老廃物が溜まり、浮腫が生じたり、余分な脂肪が蓄積されやすくなり、たるんでしまうのです。

残業、飲み会、深夜に及ぶスポーツ観戦・翌日の幼稚園のお弁当作りに食事の準備…。肌が荒れてしまうと承知していても、実際の生活においては8時間もの睡眠を取れない人が大半を占めると思います。

美容外科(Cosmetic Surgery)は、人間の身体の機能上の欠損や変形を修復するよりも、もっぱら美的感覚に基づく人体における容貌の向上に取り組むという医学の一つで、完全に独立した標榜科のひとつだ。

現代を生きる私達は、365日体に溜まっていく深刻な毒を、様々なデトックス法を総動員して体外へ排出し、何としてでも健康体を手に入れようと皆躍起だ。

常に爪の具合に配慮しておくことで、軽微な爪の異常や体調の異変に気を配って、もっと自分にふさわしいネイルケアを見つけることができるようになるのだ。

頭皮のお手入れの主だった役割は健康的な毛髪を保つことだといえます。髪の毛に潤いがなくまとまりにくくなったり抜け毛が目立ち始めるなど、多数の方が毛髪の困り事を持っているのです。

肌の乾燥による掻痒感の誘因の大半は、老化に縁る角質の細胞間脂質と皮脂分泌の縮小や、ボディソープなどの過度の使用による皮膚のバリア機能の無力化によって引き起こされるのです。

更に日々のストレスで、心にも毒素は山のごとく溜まっていき、同時に体調不良も起こしてしまう。この「心身ともに毒だらけ」というような不安こそが、私たちをデトックスに駆り立てている。

スカルプの状態がおかしくなる前に正しく手入れして、健康的な状態を保つほうが賢明です。状態が悪くなってから注意し始めても、改善されるまでに時間がかかり、お金はもちろん手間もかかります。

アトピーの素因:家族歴・次の既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮膚炎(atopic dermatitis)の内一種類、もしくは2種類以上)、IgE 抗体を産生しやすいと思われる要因、等。

ページのトップへ戻る